ほくろ除去でイメージをシフトチェンジしよう

ドクター

整形で前向きになれる

美容整形をやっている女性が最近多いと聞きますが、その理由はとても簡単にできるからと言われます。プチ整形と言われるメスを使わない方法で、心と体に負担をかけることなくコンプレックスを解消できると評判です。

ウーマン

半永久的な持続力

眉間のしわを解消する最新の方法はマイクロCRF注入と呼ばれる方法で、自身から取った脂肪から健康な小さな細胞と幹細胞だけを濃縮して注入します。この方法の最大の利点は従来の方法とは違って半永久的に持続することです。

医者と看護師

整形の効果的な受け方

美容外科はインターネットの普及で口コミが調べやすくなり、身近な存在となったことで人気を集めています。受診の際は、事前にクリニックや治療法の詳細を調べることが大切です。また、治療計画を立てる場合は術後の回復期間も考慮しましょう。

取り除いてスッキリする

鏡を見る女の人

顔をはじめ全身至る所にできてしまうほくろ、色素性母斑とも呼ばれる良性の腫瘍のため体には害はありません。しかし目立つほど大きくなる可能性もあり、ほくろ除去を考える方もたくさんいるようです。千葉県でもほくろ除去治療に対応したクリニックはあり、炭酸ガスレーザーを用いるケースが現在の主流となっています。わずかな時間照射することでほくろ内の水分が膨張し蒸散、その後くり抜き削りながら除去するのです。ほくろ除去がなされた箇所はくぼんだ状態となり、処方された軟膏などでケアします。2週間経つと赤みの残った状態でくぼみは解消、1ヵ月から3ヵ月で色も抜け目立たなくなります。再発率も少なく施術時間も短いのが魅力です。

千葉県には、ほくろ除去に対してさまざまな方法を用意しているところがあります。これまでの定番的な切除縫縮法、ほくろをメスでくり抜くように排除しキズを縫い合わせていくものです。キズ跡は残りますが徐々に薄くなり、完治までに1週間ほどしかかからないのが最大のメリットと言えるでしょう。そしてほくろの黒い色にだけ反応するレーザー治療、他の組織を傷つけずに治療できます。千葉で選ばれているクリニックはケア方法も充実、そのひとつとして治療後にこだわりの絆創膏の処方です。キズを保護しながら空気や湿気を発散させるものや湿潤環境によって細胞の増殖を促すことができるものなどです。また千葉では、年中無休で対応してくれたり、痛みを最小に抑えるなどそれぞれに個性をみせています。